本場イギリスが認めるロック技能検定

「ロックをやるのに技術はいらない」と言う人もいますが、実際には技術がなければどんな音楽も奏でることはできません。ではどんな技術があればいいのか?今の自分の技術はどの程度なのか?それを知ることができるのがロックの本場であるロンドン発の技能検定試験rockschoolです。

1991年にスタートしたrockschool

スクリーンショット 2014-07-08 15.00.31
イギリスの資格試験監査機関 “Office of Qualifications and Examinations Regulation”が認定した検定試験で、現在は30ヶ国に展開し、年間約4万5千人が受験しています。そして今回、大人の音楽教室アポロンが日本初の公式窓口として、rockschoolの受験サポートをスタートすることになりました。

本国イギリスでは、一般的な資格試験と同じように rockschoolのグレードを取得していることが音楽業界で仕事をする上で有利になるケースが数多く存在するほか、演奏を学ぶ上で様々なメリットがあります。

  • 演奏レベルを世界共通水準に基づいて知ることができる!
  • これから何を学んでいけばいいか段階を追って把握できる!
  • 自己流にありがちな偏った技術にならず、バランス良いテクニックを磨くことができる!
  • バンドメンバーを集めたりバンドに加入したりする時に、rockschoolのグレードが1つの基準として役立つ !

global_misuc_exam

 

試験科目

ギター、ベース、ドラム、キーボード

 

グレード

Grade 1→8の順でハイレベルになります。
任意のグレードから受験可能です。

  • Debut(初心者)
  • Grade 1(グレード1)
  • Grade 2(グレード2)
  • Grade 3(グレード3)
  • Grade 4(グレード4)
  • Grade 5(グレード5)
  • Grade 6(グレード6)
  • Grade 7(グレード7)
  • Grade 8(グレード8)

試験の内容

  • 課題曲 X 3曲・・・事前に用意された課題曲を演奏
  • テクニカルエクササイズ・・・事前に用意されたエクササイズを演奏
    (例:ギターの場合スケールやアルペジオなど)
  • 初見/アドリブ・・・試験当日に出された譜面を初見やアドリブで演奏
  • イヤーテスト・・・その場で流されるメロディやリズムを聴き取って演奏
  • 音楽一般知識・・・音楽に関する一般的な知識を尋ねる口頭質問

アポロンのサポート

アポロンでは受験希望者に対してrockschoolオリジナル教則本に基づいたレッスンを提供し、その内容をマスターすることで合格率がアップします。
教則本や試験問題はすべて英語で記されていますが、アポロンスタッフが日本語でサポートしますので誰でも安心して受講・受験できます。試験はアポロンスタジオで行い(20-30分程度)、内容をロンドンのrockschool本部が採点し数週間以内に結果が判定され、合格者には認定証が送られます。その他ご不明な点はメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

 

ROCK技能検定 受験料一覧

スクリーンショット 2014-07-08 14.55.34
※このほか、外貨送金料がかかります。
※試験結果評価シートの日本語翻訳をご希望の場合は別途2000円必要です。

Q&A

Q.検定試験はグレード1から順に受けなければいけないのでしょうか?
A.いいえ、一つずつ順番に受ける必要はありません。受けたいと思うグレードから受ける事ができます。

Q.検定試験はアポロンでレッスンを受けていないと受験できませんか?
A.いいえ、アポロンの会員である必要はありません。試験だけを受ける手続きをしていただければ子供から大人まで誰でも受験できます。

Q.検定試験は教則本をやっていないと受けられませんか?
A.いいえ、必ずしも教則本を学んでいなくても受けられますが、教則本が試験の準備をするために設計されていますので、受けたいグレードの教則本に沿って練習するのが最も近道だと思われます。

Q.自分がどのグレードに挑戦したらいいかわからないのですが、どうしたらいいでしょうか?
A.アポロンの会員でしたらそれぞれ担当の先生に相談する事をお勧めします。アポロンの会員でない方は、試験の受験相談のために単発で講師とレッスンを設定する事ができますので、お電話かメールにてご予約下さい。

Q.英語が苦手なのですが、試験の準備及び受験は大丈夫でしょうか?
A.はい、それぞれの楽器の講師は外国人、または内容を熟知した日本人の講師が担当しますので、わかりやすく解説できます。また、バイリンガルのスタッフが常駐しておりますので外国人の講師とのコミュニケーションもスムーズにできます。

Q.検定試験はいつ受けられますか?
A.1年に3回、 3月末、7月末、11月末、に行われます。

Q.試験当日には何を持参すればいいですか?
A.教則本とCD。ギターとベースの受験者は自分の楽器を持参する事を勧めますが、事前に連絡を頂ければアポロンの楽器を借りる事もできます。

>>ロック技能検定についてのお問い合せはこちら