ボーカル科

ボーカル科

歌は誰でも歌う事ができます。カラオケに行かなくても歩きながら、作業をしながら、風呂に入りながら歌が出て来ます。歌うと気分が良くなるし、気分がいいと自然と鼻唄が出て来ます。誰でもいつでもできる事なのに、わざわざレッスン受ける必要などあるのでしょうか?

では歌が上手い人は何が違うのでしょうか?

まず、声量が大きい、それも無理なく音量を出せる。そして音量を小さく絞る事も。
音程が正確、つまり音痴ではない。
音(声)が安定しているからブレたりしない。
高い声や低い声が出る。

この辺が基本で、トランペットやフルートなどの金管楽器と通じる所があります。

ポイントは肺の中に吸い込んだ空気をどれだけ効率的に出すかです。
それは教えてもらった方が上達が遥かに早いです。

それから、
歌は歌う事によって上手になります。
ボーカル科カラオケでもいいですが、せっかくであれば、ギターに合わせたりピアノに合わせて生演奏ができるようになれば楽しいです。
自分で楽器をやりながら弾き語りもいいですが、アポロンでは、他のメンバーとの出会いがあり、コラボできます。2人でもよし、バンドを組んでもよし。バンドをフルで組んで歌う歌は何物にも代えがたい喜びです。

アポロンでは、歌の技術と同時に他のメンバーと出会って一緒にステージに立つ機会を提供いたします。

 

■韓国人講師による韓流ボーカルレッスンを始めます。韓国語でK-pop 歌いませんか?
>>韓流ボーカルレッスン