ギター科

一口にギターと言っても、ポップ・ロック・ブルース・ファンク・ジャズ・クラシック・フラメンコなど、数多くのジャンルにおいて重要な役割を担っている楽器です。楽器自体の色や形も他の楽器には類を見ないほど沢山の種類があり、その多様性がギターの大きな特徴といえます。

ジャンルによって、奏法やギターの種類に多少異なる点はありますが、実は音階や抑え方は同じ。つまりギターが弾けると、いろいろなジャンルの音楽を演奏することができるのです。

とりわけエレキギターは、ギター自体はもちろん、その他アンプやエフェクターと呼ばれる機材の種類を選ぶことで、出せる音の種類は無限にあり、ある時は憧れのギタリストの音、またある時は自分のオリジナルの音を追求するという楽しみ方もあります。

また、持ち運びが容易なので、どこでも簡単に弾き語りが楽しめてしまうというのもギターの醍醐味の一つです。

ギターはシンプル

楽器を始めるのは「難しい」というイメージを持たれている方は多いと思います。もちろん、上達するには練習が必要ですが、実はギターは他の楽器と比べてとてもシンプルといえます。沢山あるコード(和音)を覚えるのにもポイントや法則があり、それを掴むことが、いろいろな曲を演奏できるようになるための近道になります。

Dayジャムではそのポイントをお教えしていますので、最初のレッスンから生徒さんの好きな曲を実際に演奏することもあります。

格好よく、お洒落にギター科

そして、ギターは同じ「ド」の音でも、「切る」・「引っ張る」・「もち上げる」・「揺らす」・「叩く」のようにいろいろな表情をつけることができ、これが、ギターにメロディーを歌わせたり、泣きのソロを弾いたりと、上手く聴かせるポイントになります。

アポロンではこのように、ただ音を出す演奏ではなく「格好よく」や「お洒落に」といったような色をつけながら演奏することによって、楽しくギターが上達することをテーマにしています。