元ヤンキーの学習塾

コメントは受け付けていません。 66

日曜日にテレビで学習塾のドキュメンタリーを見ました。フジゼミという広島にある小規模の学習塾で、番組案内によると、偏差値28だった生徒が早稲田大学に合格したり、学年最下位だった生徒が同志社大学に現役合格したりと、毎年数々の奇跡を起こしているということだったので興味を持って見ました。

経営者の藤岡さんはかなり荒れた学生生活を送っていたようで、中学時代は入退学を繰り返し、高校入学前には友人達と盗んだ車でドライブをして大事故を起こし、右目を失ってしまったそうです。その後学校へは行かずにゲーム喫茶の店長をやったりする中、親しくなった人からのアドバイスを受けて大検受験を決意し、大学入学を果たしたそうです。卒業後、自分のような元非行少年を大検に合格させ大学受験に導くのが自分の使命と考え、3年間勤めた会社を辞めて、現在の学習塾を設立。最初はマンションの一室からスタートしたそうですが、設立10年を超えた今では、広々とした感じの教室がテレビに映っていました。

生徒は高校生や浪人生も通っているそうですが、高校中退者や通信制高校生、ツッパリ少年なども在籍しているのが特徴で、高卒認定試験に短期間で合格したり、関西や首都圏の有名大学に合格したりするなどの実績を出す中、徐々に認知度が上がっているようです。中学、高校ともろくに行かなかった元ゼミ生が、フジゼミを自分の母校と呼ぶまでに親しみを持って話していたのが印象的でした。

テレビ放映をきっかけに、悩みを持つ生徒やその御両親、事業拡大の提案をしてくる同業者、その他いろいろな問い合わせが増えてくるだろうと思います。これからもプリンシプルを持って進んでいって欲しいと思います。